どこに行っても治らなかったあなたへ

筋肉ロックとは

筋肉には、筋肉が傷ついたり、関節などが壊れたりしないように働く、自動車のシートベルトやエアバッグのような筋肉の防御システムがあります。

この防御システムが過剰に働いていることを「筋肉ロック」と私たちは名付けました。

この筋肉ロックが、実はほとんどの慢性痛やコリ、自律神経のアンバランスを引き起こすのです。

「慢性痛の改善は筋肉ロック解除がすべて」と言っても過言ではないでしょう。

 

ミオンパシーとは

慢性痛のほとんどの原因、筋肉ロックは、一般ん的に行われる「揉む、押す、温める、冷やす、引っ張る」などの方法では解除できません。

ミオンパシーはアメリカの徒手医学「オステオパシー」の理論にヒントを得て、開発者の松尾が約5年をかけて開発しました。

なかなか治らない慢性の痛みなどを改善できるように、マッスルスピンドルリリース(MSR)というテクニックを用いて改善できるよう、各症状別に体系化したものがミオンパシーです。

 

慢性痛の原因

慢性痛の原因は、筋肉の酸素欠乏と、関節にかかる過剰な負荷によって起こります。

筋肉が酸素欠乏を起こすと、ブラジキニンという血管拡張作用のある物質が出ます。

ブラジキニンは、発痛物質でもあり、これが神経を伝って脳に届くことで痛みを感じるのです。

また、筋肉がロックして伸び縮みしにくくなると、関節を動かそうとした時に、関節に過剰な負荷がかかります。

これも慢性痛の原因です。


ミオンパシーを行っている全国の施術院


このテキストは、サンプルのテキストです。これらのテキストを書き換えて、コンテンツを作成することも可能です。

 

また、+ボタンをクリックすることで、テキストや画像など、好みに応じてコンテンツを追加できます。