慢性腰痛について

慢性腰痛の原因

筋肉ロックによる酸素欠乏

筋肉が硬くなって血流が悪化し、筋肉への酸素供給が不足すると痛みが出ます。

 

筋肉ロックによる

関節への過負荷

硬くなった筋肉が、関節の動きを制限しているのに、関節を動かそうとすると危険信号としての痛みが出ます。

 

改善方法は

筋肉ロックを外すMSR(筋紡錘解放テクニック)を用いた手技療法ミオンパシーが有効です。


朝がもっとも痛い理由

朝起きた時にもっとも辛く

動き出すと楽になる痛みやこりなど

その原因は筋肉ロックです。

 

筋肉がロックしていると

筋肉が硬くなって

伸び縮みしにくくなっています。

 

すると、心臓から送り出された

動脈の流れが

硬くなった筋肉で

圧迫されて悪くなります。

 

また

筋肉の伸び縮みの能力が落ちると

リンパ液や静脈を

ポンプ運動で送る

筋肉の働きが衰えます。

そのことで

静脈やリンパ液の

流れが悪くなります。

 

すると

滞留した(むくみ)リンパ液などが

動脈の栄養成分が

筋肉の細胞に入るのを

邪魔してしまい

筋肉に酸素欠乏が起こります。

 

そこで

血流を良くするために

体はブラジキニン

という物質を発生します。

 

※ブラジキニン

血管拡張、毛細血管の

透過性亢進(こうしん)による

浮腫(ふしゅ)などを起こすが

強力な発痛物質としても

知られている。 

 

 

こうして

痛み物質が神経を通じて

脳に到達することで

皆さんの体=脳は

痛みを感じることになります。

 

では、一日のうちで

もっとも血流が

悪くなる時間帯は

いつでしょう?

 

それが、朝なのです。

 

というのは

上記したように

静脈やリンパ液を流すのは

筋肉のポンプ運動です。

 

じっとしていたら

筋肉のポンプ運動は

起こりにくいですよね。

 

ですから

じっとしている時間が

一番長い後

つまり

朝起きたときに

もっとも症状が辛いのです。

 

朝がもっとも痛いのは

体がむくんで筋肉が

酸欠になっているから

 

動脈の栄養分で

慢性痛に関係するものは

「酸素」です。

 

動脈によって運ばれた

酸素を運ぶ赤血球は

毛細血管から染み出して

筋肉の細胞に入っていきます。

 

ところが

右側の図のように

筋肉のポンプ運動が

活発でない

寝ている間には

リンパ液などが

滞留しているので

(むくんでいる)

毛細血管から染み出した

赤血球が筋肉に酸素を

届けにくくなってしまっています。

 

つまり

じっとしている時間が長く

もっとも筋肉のポンプ運動が

行われていないのが夜で

 

その後の朝が

一番むくみが強く

酸素が筋肉に入りにくい時間帯

というわけです。

 

それでも

痛みやコリを感じながらも

起きて動き出すと

筋肉のポンプ運動が始まり

 

筋肉の細胞の周りに

滞留していた

静脈やリンパ液が流れ始め

酸素を含んだ動脈の血が

筋細胞に入ることで

酸素欠乏が解消されて

ブラジキニンの発生も

止まるはず

 

なのですが

 

残念ながら、皆さんの場合

体のあちこちに

筋肉ロックがあるので

血流が十分に

流れるようにはならず

 

筋肉の酸素欠乏が完全に

解消されたわけではないので

日中でも痛みやコリを

感じてしまうことになります。

 

では、どうしたら

朝起きた時の痛みはもちろん

日中の痛みやコリを

無くすことができるのでしょう?

 

それは筋肉ロックを外して

筋肉が動脈を圧迫したり

リンパ液などの流れを

悪くしてしまうことを無くし

そうならないように

予防することなんです。

 

新手技療法ミオンパシーは

世界で唯一

筋肉ロックを外して血流を改善し

痛みやこりを無くすことに

特化して開発された手技です。

 

だから、日本中はもちろん

海外からも

慢性の痛みやこりに

悩む方がお越しになるのです。

 

ロック(拘縮)した筋肉は

自然に元の状態に戻ることはなく

時には数十年も縮んだまま

ということもあります。

 

筋肉のロック(拘縮)は

もんだり、たたいたり

温めたり、引っ張ったりしても

解除されません

 

ですから

一般的に行われる方法では

慢性の痛みやこりは

なかなか改善できないのです。

 

このページを読まれているあなたが

原因のよく分からない

慢性の痛みやこりで悩まれていて

 

早く良くなりたい

痛みから解放されたい!

朝起きた時から痛いのは

もういい加減勘弁して欲しい

 

と思っていらっしゃるのなら

ミオンパシーを

受けてみていただけませんか?

 

「トリガーポイントブロックで腰痛は治る」

著者

加茂整形外科医院加茂院長に

「整形外科医が認めた整体」

と言っていただいた

安心安全で効果的な手技療法

「ミオンパシー」で

 

あなたの朝から痛い

慢性痛の悩みの解消を

お手伝いします。

 

このページを読まれて

自分の痛みの原因は

筋肉のロックかもしれない

と思われたら

 

まず一度だけ

安全安心

体に優しいミオンパシーを

お試し下さい。

 

それで

これ自分の痛みに効くかもしれない

長年の痛みがこれで治るかもしれない

と、感じられたら

 

そこであらためて通院を

考えていただければと思います。

 

通院回数に関して

 

どこの筋肉がどの程度ロック(拘縮)

しているか、そして緩みやすいか

によって、通院回数は変わります。

 

これで長年の、特に朝の痛みが

良くなるかもしれない

もしくは

これでは自分の慢性の朝の痛みは

治らなそうだ 

 

は、通常初回の施術で

感じていただけると思います。

 

ミオンパシーは、施術中にも

体のあちこちの痛みが消えていくのを

感じていただけますし

 

施術後にも

それまであった慢性の痛みが

消えたり減ったりしているのを

感じていただけます。

 

これらを、初回の施術に

実感していただけたら

朝特に痛い長年の痛みやコリが

ミオンパシーで改善する可能性は高い

と、お考えいただいても大丈夫です。